問題解説

単振動の公式は覚えなくていい!【高校物理】

-------------------------------------------------------------
公式LINE開設!
お気軽にお問い合わせ・ご相談いただけるようになりました!!
↓ 友達追加で無料相談 実施中 ↓

-------------------------------------------------------------

今回は高校物理より「単振動」の公式について理解を深めていこうと思います。
前回このブログで「等速円運動」を扱いましたが、実は単振動と等速円運動には深いつながりがあるんです!
等速円運動の公式と単振動の公式はほとんど同じ!!
と言ったら皆さん信じますか??
早速確かめてみましょう!

動画をチェック!

丸暗記しなくていい公式

単振動は等速円運動の正射影です。

そのため、公式の一部は等速円運動と重複します。
等速円運動の公式が怪しい人は、まず等速円運動から理解していきましょう!

要チェック
等速円運動の公式は覚えなくていい!【高校物理】

続きを見る

ωT=2π

これは等速円運動と全く同じですね!

fT=1

これは等速円運動の「nT=1」に相当します!

参考までに等速円運動の復習を……

T=2π√(m/k)

これは意味を理解するというより導出できるようにしておきましょう!
なぜなら分母と分子を逆にしてしまうミスが多いからです。
慣れれば一瞬で暗算できるようになるので、めんどくさがらずにやってみてください(^^)

条件図

導出

※ 動画でも説明していますが、a=-ω^2×x の導出には三角関数の微分が必要になるので、今回この式に関しては覚えることにしています。
微分ができる方はこの式も含め導出できるので、ぜひチャレンジしてみてください!

他にも聞きたいことがあるときは

このページ下のコメント欄やTwitterのDM、YouTubeのコメントなど、どこでもいいのでコメントを頂けると嬉しいです。

そしてぜひまなびやSACYの体験授業を受けてみてください!
家庭教師なら、あなたの疑問をすぐに解決できます。
まなびやSACYの体験授業は完全無料なので、まずは1回、気軽に申し込んでみてください(^^)
体験授業後のしつこい勧誘等も致しません。

無料体験授業の詳細は↓

無料体験授業!

勉強していると自分一人では解決できない問題に直面することが少なくありません。
そんなとき、身近な友人を頼る、学校の先生を頼る、親を頼る、塾の先生を頼る、いろんな解決策が考えられますが、家庭教師を頼るというのも一つの手です。

家庭教師は他の選択肢と違い、あなたに付きっきりで指導に当たります。
授業・塾の補修、定期テスト対策、模試の見直し、受験対策など、あなたが今一番必要としているものをオーダーメイドで提供できる、それが家庭教師です。
また普段の慣れた環境で勉強ができる移動に時間をかけなくていいというのも家庭教師のメリットです。

まなびやSACYでは無料の体験授業も行っています。
体験授業に満足いかなければ、相性の合う先生が見つかるまで何度でも無料で体験授業をさせていただきます。
もしくはお試しで1回だけ受けてみて、その1回限りで辞めていただいても構いません
まずはお気軽にお申し込みください!

申込フォーム


    学校の補習塾の補習定期テスト対策受験対策その他

    合う先生を探す

    先生を指名して体験授業をお申し込みされる場合はこちらから!
    先生のプロフィールにもお申し込みフォームがありますので、ぜひご活用ください。

    要チェック
    先生検索

    続きを見る

    スポンサーリンク










    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    おこん先生

    東大に入学しすぐに家庭教師を始める。家庭教師派遣業に登録していたが、ご家庭と会社の間で金銭トラブルが相次いだため、会社を辞め個人契約での活動を始める。自身の浪人経験から「分からない人の気持ちが分かる先生」としてこれまでに多くの生徒さんにご指名いただき、指導経験を積んだ。

    -問題解説
    -, ,