勉強グッズ 勉強法 参考書

物理女子による、「高校物理」攻略法!

-------------------------------------------------------------
公式LINE開設!
お気軽にお問い合わせ・ご相談いただけるようになりました!!
↓ 友達追加で無料相談 実施中 ↓

-------------------------------------------------------------

ども!明治大学理工学部物理学科1年のクボです~。
物理と聞くと、皆さんは「難しそう」とか「なんかやばそう」みたいな印象があるかもしれません(笑)。
今回はそんな「物理」の勉強で、参考書の選び方や私が実践していたことをお伝えします!

オススメの参考書

 正直なところ、市販の物理の参考書ってどれもそこそこしっかりしているのでどれでも良い気がしていますが、、
私的には、

  1. 各章の問題の前に詳しい説明があるもの
  2. 問題のレベルが簡単なもの(基礎的なもの)
  3. 解説本の方が問題本より分厚いもの

であれば大体オススメ出来ます。各章の問題の前に詳しい説明があれば教科書に戻っていちいち調べなくていいのでその分の手間が省けます。また、物理は基礎さえ完璧ならそれで充分です(基礎を完璧にすることがそもそも大変なのでw)。私の高校で東大理Ⅰに行った人も後ほど紹介する「セミナー物理」という基礎問題集を高3の一学期になってもガツガツ使っていました。

 解説本が問題本より分厚いこと、これがとても大事です。物理や数学は大体問題文が他教科に比べて短いので、しっかりとした解説を作ろうとしたら、解説は問題文の倍以上の分量になる筈です。また、解説がしっかりしていることは、自学自習のしやすさにも直結します。わからない問題をいちいち先生に聞きに行くのは正直面倒ですよね。その点においても解説本が分厚いことは重要です。分からなかった問題の解説が薄い(または無い)時の絶望感は計り知れないデスヨ、、ホント、。

赤本とか解説薄すぎて話にならない。あんなうっすい解説で誰がわかるねん、、

解説本の方が問題本より厚いの図

セミナー物理

 全ての章の前に、その章で扱う公式などの詳しい説明が書かれてあり、その解説の後に基本例題、基本問題があります。基本例題、基本問題は公式の使い方を理解する感じの、割と優しい問題です。そのあとに発展例題、発展問題がありこれがめちゃ良問。入試問題の1つの大問の中盤ぐらいまでの、そこそこ難しいぐらいの難易度で、入試のあるある問題を集めてあります。入試対策はもちろん、定期テスト対策にも最高です。セミナー物理が完璧になれば物理は得意科目と言っていいでしょう!

私が使っていたセミナー物理

重要問題集

 入試で物理を使う人は、これをやっておくと強いです。これはセミナー物理が7~8割完成してきた人向けです。章ごとの説明は薄いのですが、入試問題のおさえるべき問題がずらりと並んでいます。大体の問題が入試の過去問で、出題校も幅広いです。これが解けたら自分が受ける過去問に移行しましょう。過去問と並行して使ってもいいかも?

私が使っていた重要問題集(付箋量えぐい)

 これら2つはとても有名ですが、他の有名な参考書だと「リードα」や「物理のエッセンス」などがあります。リードαはセミナー物理と中身大体同じです。どちらでも良いと思います。物理のエッセンスは私も持っていましたが、問題の量がセミナー物理に比べて少なく感じました。あと物理のエッセンスってちょこちょこアンチ勢がいr、、

使い方

 まず、いくつもの参考書に手をつけないでください!使い始めた参考書が自分に合わなかった場合は勿論しょうがないのですが、複数の参考書に手をつけたが故に自分の苦手な問題がどれか分からなくなると、とことん時間の無駄になってしまいます。基礎から少し応用的な問題集一冊と、入試対策系の本一冊の、合計2冊がベスト!

1つの参考書を完璧に!

 はじめに説明をよく読み、まず1周問題を解くでしょう。その時に出来なかった問題には必ず印をつけてください。チェックマークでも正の字でも構いません。そして問題集を何周もしましょう。私は最低3周、出来れば5周を目標にしていました。2周目は、1周目で出来なかった問題だけを解き、3周目は2周目に解けなかった問題を、、、と、前解けなかった問題のみ再度解くようにします。こうして1つの参考書を完璧になるように仕上げていってください。3周する頃には、自分が苦手な問題のみがそろう、自分だけの最高の問題集が出来上がります!

クボ流付箋の活用法

 付箋を出来なかった問題につける人がよくいますが、物理でそれをやるとはじめのうちは出来ない問題だらけでキリがないので、私は解説を読んでも分からなくて、先生に聞きたい所に付箋をつけていました。

チェックマークを丸で囲んで横に付箋。

 この時は出来なかった印のチェックマークを丸で囲み、そのページの横に付箋をつけていました。聞いて理解したら付箋を外す感じです。私の場合、後々頭冷やして考えたら分かった時も付箋をそのままにしていました。これはただの外し忘れです。結果その付箋がまだベロベロついていますが(笑)

 私の学校の先生には中々聞ける感じではなかったので、当時全て家庭教師の先生に聞いていました。本当に家庭教師の先生に毎回助けて頂きました。

他にも聞きたいことがあるときは

このページ下のコメント欄やTwitterのDM、YouTubeのコメントなど、どこでもいいのでコメントを頂けると嬉しいです。

そしてぜひまなびやSACYの体験授業を受けてみてください!
家庭教師なら、あなたの疑問をすぐに解決できます。
まなびやSACYの体験授業は完全無料なので、まずは1回、気軽に申し込んでみてください(^^)
体験授業後のしつこい勧誘等も致しません。

詳細は↓

無料体験授業!

勉強していると自分一人では解決できない問題に直面することが少なくありません。
そんなとき、身近な友人を頼る、学校の先生を頼る、親を頼る、塾の先生を頼る、いろんな解決策が考えられますが、家庭教師を頼るというのも一つの手です。

家庭教師は他の選択肢と違い、あなたに付きっきりで指導に当たります。
授業・塾の補修、定期テスト対策、模試の見直し、受験対策など、あなたが今一番必要としているものをオーダーメイドで提供できる、それが家庭教師です。
また普段の慣れた環境で勉強ができる移動に時間をかけなくていいというのも家庭教師のメリットです。

まなびやSACYでは無料の体験授業も行っています。
体験授業に満足いかなければ、相性の合う先生が見つかるまで何度でも無料で体験授業をさせていただきます。
もしくはお試しで1回だけ受けてみて、その1回限りで辞めていただいても構いません
まずはお気軽にお申し込みください!

申込フォーム


    学校の補習塾の補習定期テスト対策受験対策その他

    合う先生を探す

    先生を指名して体験授業をお申し込みされる場合はこちらから!
    先生のプロフィールにもお申し込みフォームがありますので、ぜひご活用ください。

    要チェック
    先生検索

    続きを見る

    スポンサーリンク










    -勉強グッズ, 勉強法, 参考書
    -, ,